KanFAからのお知らせ

イベント

2021/10/08

『大阪にて初開催!「半・分解展」2021大阪』

                                  期間中の再入場は何度でも無料(*`・ω・)ゞ♬
2021.10.hanbun.JPG

≫≫ チケットのご購入はこちら ≪≪

衣服標本家の長谷川彰良氏による展覧会「半・分解展」初の大阪開催が決定いたしました。

長谷川氏が個人所蔵する1750年から1940年代の展示物を中心に
 「フランス革命の紳士服」「ヴィクトリアンの婦人服」「軍服の造形美」の3つをテーマに
フランス革命から第二次世界大戦までの服を半分に分解した「衣服標本」を展示。

また、渋谷で人気を博したヴィクトリア時代の上流階級の女性が着用した
横乗り乗馬用スカート「サイドサドル」や、日本で「肋骨服」と呼ばれる軽騎兵の軍服など
約70点におよぶ展示物と共に、
分解したパーツからパターンを抜き取って制作した「試着サンプル」を用意。

18世紀半ばロココ貴族が着用した金糸と銀で織られた「ウエストコート」の分解実演や
全て 実際に 着用する コトのできる、鑑賞 ではなく 体感する場 を提供します。

直接展示物に触れることで、100~200年前の服の内部構造や着心地、時代背景を知ることができます。


<会 場>
協同組合関西ファッション連合 「 KanFA 」 8階 講堂
(大阪市中央区瓦町2-6-9 8階)

<日 時>
2021年10月24日(日) ~ 11月1日(月)10:00~20:00
(初日16:00~20:00 最終日 10:00~15:00)

<入場料>
前売り2,300円/当日3,500円
※再入場無料、中学生以下無料

<主 催>
衣服標本家 長谷川彰良氏
☞100年前の「感動」を100年後に伝えるために
ガラスのない美術館【半・分解展】を主宰  

<協力 協賛>
関西ファッションカレッジコンンソーシアム(KFCC)
協同組合関西ファッション連合(KanFA)

前のページへ戻る