KanFAからのお知らせ

その他

2020/04/08

『コロナウイルス感染拡大に関する当組合の取組について』

会員の皆様には当組合の活動に多大なご理解とご協力を頂き厚く御礼申し上げます。
昨晩、日本政府より緊急事態宣言が発表されました。
ご承知の通り、この2か月余り新型コロナウィルスの感染拡大が続き、日本のみならず
全世界に拡大が今も進行しています。内外経済は甚大な影響を受け、繊維ファッション業界
においても経営環境に深刻な影響を与えています。
KanFAにおきましては3月23日【新型コロナウィルス感染症に関する対策本部】を設置し、
本部長にはわたくし中村が、副本部長には芦田専務理事が就任し刻々と変化する状況を踏まえ、
今こそ「役に立つ組合」「1社では出来ない事を組合でする」と考えています。
当面の取り組みといたしまして

 ①厚生労働省・経済産業省など諸官庁の施策情報の発信
 ②組合員企業へのヒアリング・状況確認
 ③衛生関連必需品(マスク等)を確保並びにあっせん情報の提供
 ④組合会費(賦課金)の一定期間の減免を検討
 ⑤組合員企業間の新型コロナウィルスに関する影響並びに好事例の収集と情報共有

現在、組合員企業の状況確認として事務局職員が訪問や電話等にてヒアリングを始めています。
ここで出された要望や意見を取りまとめ繊維ファッション議員連盟に陳情し速やかに行政支援を要望します
(日本ファッション産業協議会を通じて)

目下のところKanFAとしての具体策として検討されているものとしては販売機会を逃した在庫の
消化支援・資金調達・補助金・海外物流などの情報の随時発信、展示会開催の有無、仕入先・販売先への
政策など組合員間の情報共有があります。

非常事態にある組合員の皆様の悩みに応えるために実施しています職員によるヒアリング以外にも、
困っていることや要望を対策本部に寄せていただきたいと考えています。
そして、共にこの難局を乗り切っていく所存です。


 令和二年四月八日
                                              協同組合関西ファッション連合
                                                     理事長 中村房雄

前のページへ戻る