KanFAからのお知らせ

その他

2017/05/15

『世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策』

2017年3月15日(日本時間)にMicrosoft製品に関する脆弱性の修正プログラム MS17-010が公表されました。

この脆弱性がランサムウェアの感染に悪用され国内を含め世界各国で被害が確認され、
英国では医療機関において業務に支障が出るなどの深刻な影響が発生しています。

ランサムウェアに感染するとコンピュータのファイルが暗号化され、
コンピュータが使用できない被害が発生する可能性があります。

今回観測されているランサムウェアはWanna Cryptor と呼ばれるマルウェア (WannaCrypt, WannaCry, WannaCryptor, Wcry 等とも呼ばれる) の亜種であると考えられます。

※ランサムウェアとは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語です。
感染したパソコンに特定の制限をかけ、その制限の解除と引き換えに金銭を要求する挙動から、
このような不正プログラムをランサムウェアと呼んでいます。


下記対策の実施を推奨します。

1.不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしない

今回のランサムウェアの感染には細工したメールの添付ファイルを開封させる等の方法が用いられていると報道されています。
メールの確認作業をする前に必ず以下の「2.」「3.」の対策を実施してください。
また、不審なメールを確認した場合はシステム管理者等に問題ないか確認してください。


2.脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。


3.ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する

各ウイルス対策ソフトをアップデートしてください。
ご利用されているウイルス対策ソフトが今回のランサムウェアを検知するかについては各ベンダーにご確認ください。

前のページへ戻る