KanFAからのお知らせ

品質

2016/12/07

『新しい洗濯表示の記号がついた衣類等の販売が始まりました。』

衣類などにつけられている洗濯の方法を示す表示が
12月1日から国際規格に合わせて40年ぶりに改められ、
これまでの22種類から41種類へと記号が大幅に増える事になります。

衣類の新しい「取扱い表示」は記号のデザインが変更されただけではなく、
記号内に付加記号や数字が使われるなど、
これまでのものとは見た目も考え方も大きく変わります。

消費者庁では、お客様目線で作成した様々なツールを作成し、
消費者庁ホームページにも掲載されていますので、
ご確認いただき、改めてご理解頂けますと幸いです。

前のページへ戻る