KanFAからのお知らせ

セミナー・勉強会品質

2016/03/25

『繊維製品の品質表示の基礎セミナー【景品表示法】』

~ 優良誤認表示、有利誤認表示などの不当表示の禁止に関する法律 ~


各企業は商品の品質を適正に提供する為、
法律やルールに則った「表示」を行わなければなりません。

品質や価格などは、消費者が商品やサービスを選ぶ重要な基準となる為、
その表示は正しく分かりやすいことが大前提です。
消費者庁では商品やサービスの品質や価格について、
実際よりも著しく優良又は有利であると認識される表示を景品表示法で禁止しています。

そこで、間違った表示をした場合、
製造企業への社会的ダメージが大きくなる可能性の高い「表示」について、
改めて法律やルールについてご理解いただくセミナーを企画しました。

今回のセミナーでは、
第1部として、優良誤認表示、有利誤認表示などを規定している景品表示法について解説いたします。
また、2016年4月1日から施行されます「課徴金制度」についてもご説明させていただきます。

第2部では、特に「表示」に関する厳格な基準を設け、
消費者に安心・安全を届けおられる百貨店の取り組み事例をご説明させて頂きます。

景品表示法だけではなく、組成表示や洗濯表示など、
様々な表示への取り組みについてお話させて頂きます。

有事の際には、知らなかったでは済みません。
クレームを未然に防止する為にも、この機会に「表示」について改めて学んでみませんか?

h28.3.keihin.jpg

前のページへ戻る